それいけ、アラカン💜 

😂思えば遠くへ来たもんだ〜 とつぶやくアラカン。
母の死をきっかけに、ますます心のつぶやきが多くなったこの頃、
悲しみ、憤り、喜び、そして アメリカ生活での様々な情報を、思うがままにつぶやいています。🍷


ベジタリアン料理のレシピはこちらから💁 http://vegetarian-kitchen.blog.jp/

人気上昇中、コーヒー豆の粉☕️

朝一番、クッキー作りを
始めました💥


以前もブログをしましたが
お店の人もわからかった
チェリー殻のコーヒー粉


今、これが入ったクッキーが
オーブンでベーキング中❗️


ヴィーガンアイスクリームに
この新食材を加えて作りましたが
クッキーに入れるのは初めてです。



この食品は、コーヒー豆を包む外皮が
熟して赤くなったのをそう呼びます。


商品名は「チェリーハスクコーヒーフラワー」


一体何なの⁉️


初めて見た時、迷いました
お店の人と一緒に…


チェリーの粉なのか
コーヒー豆の粉なのか⁉️


要するに、コーヒー豆を包む赤い外皮が
チェリーみたいでチェリーハスク(殻)
と呼ばれているたみたいです。


だからあの甘いチェリーとは
全く関係なし!


コスタリカへ行った時、初めて見た
木になるコーヒーの実(チェリーハスク)


これがチェリーに似たチェリーハスクで
この内部にコーヒー豆が入ってます



4年程前まで、コーヒー豆を取り出した後の
このチェリーハスクは、家畜用か肥料として
あるいは処分されていたとのこと。


でも、栄養価が高いのに
捨てるのは無駄であること


またコーヒー豆産地の経済活性化も考えられ
イノベーションが始まったのです。


そしてこの無駄であった副産物が
今はヘルシー食品として店頭に出始めたのが
つい最近でしょうか?


どこの店にも売られていませんが
私がいつも行くナチュラルマーケットに
量り売りで売られていました。



Coffee Flour;コーヒーハスクの利用を
思いつき、製造開始を始めたのは
カナダのバンクーバーの会社です


そしてSFOに本社を置くGoogleは
Food programの一貫として
コーヒーハスク粉を使ったレシピの
インベーションに頑張っています。


パスタやクッキー、ワッフル、パン、
チリ、ドリンク等など〜


リベラルで最先端の考えを持つ
サンフランシスコ エリア


グルメ、ナチュラルフードのレストランでは
すでにコーヒー粉が使われているとのこと😋


あの辺は、新らしい物を受け入れるという
リベラル派の環境ですので


レストランでもお店でも
需要があるんでしょうね


今後のコーヒーハスク粉を
使用した商品が待ち遠しいです❣️


今月、またSFOに行きますので
どこかのナチュラルレストランで
コーヒーハスクの料理が食べてみたい


コーヒーハスク粉を使ったパスタとか…


ふーん🤔
コーヒー色でしょうねっ`


今作ってるクッキーもコーヒー色


味は、ちょっと酸味があって
ちょっとほろ苦さもある


ココアともちょっと違うんですよ
またコーヒーの味もしないんです。



栄養価は、全粒粉の5倍のファイバーで
鉄分は、全穀物のトップクラスのトップ生❗️


たんぱく質、抗酸化物質も含まれ
こんな栄養価大の物を今まで捨ててたなんて〜


そうそう、グルテンフリーでもあるんです❣️



この白いのがハスク=豆の入った殻

コーヒー豆

コーヒー豆を炒ってるところ
@コスタリカ


このおじさんがチェリーハスクを木から取り
コーヒー豆を何日か乾燥させた後
こうやって炒ってくれました。


そしてカカオのブラウニーを
その場で作ってくれ、その場で食べました❣️


でも、コーヒー豆を取り出した後
多分、チェリーハスクは捨てたでしょうねっ`


新鮮なカカオ味のブラウニー❗️


ダークカカオで本格派‼️



コーヒーの匂いがしてきそう〜



@コスタリカのカリブ海側ビーチ


ビーチに寝っ転がってると
このおばさん、何かを頭に乗せて
通り過ぎて行きました


何が入ってるんだろう?


気になりながら写真をパチリ❗️


バナナかな?


それにしても首が痛くなりそう¿


さて、チェリーハスクを加えたクッキーが
焼きあがったようなので、味見してみます😜



では、良い日をお過ごしください🌺