それいけ、アラカン💜 

😂思えば遠くへ来たもんだ〜 とつぶやくアラカン。
母の死をきっかけに、ますます心のつぶやきが多くなったこの頃、
悲しみ、憤り、喜び、そして アメリカ生活での様々な情報を、思うがままにつぶやいています。🍷


ベジタリアン料理のレシピはこちらから💁 http://vegetarian-kitchen.blog.jp/

初公開、CA職の思い出😉

おはようございます。



昨日のブログで、フライトアテンダントとしての
感想を何件か書きました。


こうやって、たまにあの頃のことを
思い出します。


でも昔に比べるとその回数が減りましたね。



今、こうやって思い出しているので
もっと思い出話しをしますねっ



私が飛んでた時期は、Boeing 747 SR、LRの
最盛期でした。


いわゆるジャンボの時代です


成田ーアメリカやヨーロッパ線では
殆どがこのジャンボ機でした。


座席が400近くもあるという
恐ろしいくらい詰め込んでしまう機種です。



ファーストクラスから2階に上がると
アッパーデッキがあります



つまりコックピット操縦席の
ドアすぐ後ろです。


そこには、20席ほどのシートがあり
ギャレー(キッチン)も2階客専用。


アッパーデッキ担当になった時は
最高に楽しかった❤️


そこに座れた人達もラッキー❗️



たった20人前後のお客様相手だから
たっぷりと会話をしながらのサービス


そして自分達のプランで
丁寧なサービスができる


楽しい思い出が一杯あります。



またアッパーデッキには
ファーストクラス用のベットが
置かれた機種もありました


最近のカプセル式じゃなく
折りたたみ式でもないベッドです。


場所をとるから、5−6つのベッドしか
なかったと思います。



座席を増やせ増やせの時代😵


323という乗客カウントを
うっすら覚えています…


でも今思うと、詰めれるだけ詰め込め
って感じで信じられないです❗️




超時間の直行路線では
乗務員もダブル数で乗ってました。


ニューヨーク線が投入された頃
確か13人のところが26人乗り込んでた?👩‍✈️


丸々交代してキャビンの仕事を継続です。


出番までは、乗客に混ざって
後部座席に座っています。


出番前には準備をする。


着替えとか休憩用に、バンクベットという
ちょっとした空間があるんです


あのジャンボ機種の真ん中辺に。



成田ーサンフランシスコ線などは
乗務員を3−4人増しで飛んでたでしょうか?



でも私が辞めた頃には、NYC路線も
ダブルじゃなく、乗務員増しのみになったと
聞きました。


ガソリンが上がりだした
あの時期でしょうか?



ジャンボ747は、4つのエンジンがあり
機体もドデカく、頼もしいお兄ちゃん
って感じでしたねっ❣️



でも飛行機好きに言わせると
これこそが真の飛行機だという機種は…


Boeing 727、DC-8


この2機種、乗った機会は数える程ですが
思い出はたくさんあります。


右2席−左2席の座席配置で
B−727は、後部入り口からお客様を
搭乗させたこともありました。


個人的には、あまり好きじゃなかった


座席数が少ないので
ゆったりサービスはできましたが
幅が狭すぎるって感じで… 




南廻り路線というのがあり
DC−10という機種を使用。


マクドネル • ダグラス社の飛行機
一番乗り心地悪い機種でした。


お客として乗るのも嫌です、あれは…


とにかくよく揺れを感じるというか
音がうるさい、使いにくい


マイナスの思い出の方が強いです。



成田ーバンコックーニューデリーローマ線
成田ーバンコックーカラチーギリシャ線


このフライトは、確か往復18日間の
超長のスケジュールで、家を長く空けましたね。


今ではヨーロッパ路線は直行便
乗務員も一週間未満で帰ってくるらしく
随分と内容も変わったみたいです。




北回り路線ではジャンボ747❗️


ファーストクラスのベッドが2階に設けられ


シートベルトサインが消えたら
早々2階へ上がり、到着の食事まで
ずーと寝てる乗客もいましたよ。


ビジネスクラスの乗客には
搭乗早々に、シャンペンサービス🥂




ファーストクラスで、大変な思いをしたのは
ワインボトルを開ける時🍾


乗客に、飲みたいワインを選んでもらい
そこまでは良いのですが…


お客様の前でそのコルクをカッコ良く開けて
グラスに注いであげる🍷


昔は、今みたいに便利なワインオープナーが
なかったので、開けるの大変!(^_^;)!


乗務員同士のジョークにもなったくらい


「足と足の間にボトルを挟んで
コルクを抜かないように❗️」


特に女性クルーの場合は😡


男性パーサー達はやってましたけど〜(笑)




そうそう、あの頃は着物サービスが
あったんですよ。


わっっ、ウェブサイトから取ったこの画像
かなり古い年代ですね…


私の頃とはちょっと違うかな?


これは80年代じゃなく、70年代かも?


まあこういう感じでサービスしてました。


私たちの頃は、ファーストクラスをまず最初に
エコノミークラスも行ってましたよ。


着物は腰から真っ二つに分かれていて
マジックテープで上と下を合わせるだけ


乗客の食事が終わった頃を見計らって
洗面所で着替える


これは通常、新人の担当です。


私も新人の時、2回ほどやりました
やらされました。


あの狭いトイレで着替えるのに
汗だくだく、着替える手は
ガタガタ壁に当たるし


足袋、草履も履いて通路を
歩き回らなきゃいけない😨


あれはマイナスの思い出です。


着物なんて成人式と大学卒業式にしか
着たことないのに…


あの機内で、満席の状態で
しかも狭いトイレの中で


しかも時間をかけずに着替えて
機内へ出る


汗でお化粧はくずれるし


かなりのプレッシャー❗️


どうせ着物に着がえるなら、着物を
喜んでもらいたいし


特に海外からの乗客らは
初めて見る着物だろうし…


北回り線は、夜に成田を出発するので
眠たい乗客が多いのです


だからチーフパーサーは
照明を暗くする機会を狙ってます。


せっかく汗だくで着物に着替えたのに
照明を消されては、元もこうもない!


新人なら誰もがこの難関を
超えなければいけない時代でした。


今考えると、すごく危険なことを
していたなと思います。


もし何かあった時とか、緊急の時
乗客を助けるどころか、本人は裾と草履で
歩くことすらおぼつかない




そうそう、ハワイ路線では
ムームーを着てサービスしてましたよ🌺


ウェブサイトからの画像で
ムームーの雰囲気はこんな感じでした。



ムームーの場合は、成田のオペレーションセンターで
着替えておきます。


足首まであるムームーで
機内サービスをするんです。


男性クルーはシャツだけ


女性クルーはワンピース型の
足首までのムームー


レッドとブルーの選択がありました。


殆どが着用… 全員だったかも?


涼しくて良かったんですが
足首までのドレスですから
やっぱり歩きにくかったです。


でもこれも緊急事態になると
とんでもないですよね!




わ〜、どんどんあの頃の事を思い出します
次から次へと…


酸素マスクのデモンストレーション


半年毎のエマージェンシーの訓練


初めての寮生活で思ったこと


緊急着陸や、最悪のタービュランスの経験


飛行機の故障で、ニューデリー空港に
機内缶詰12時間、しかも乗客も一緒に💥



いろんな事がありました。


嬉しい事、苦労した事、困った事…


同時に、良い経験もたくさん経験し
今に至ると言っても言い過ぎじゃないと思ってます。


20代の真っ只中


そして今...


まさに「思えば遠くへ来たもんだ〜」


それをヒシヒシと感じるこの頃です。



では、良い日をお過ごしください。