それいけ、アラカン💜 

😂思えば遠くへ来たもんだ〜 とつぶやくアラカン。
母の死をきっかけに、ますます心のつぶやきが多くなったこの頃、
悲しみ、憤り、喜び、そして アメリカ生活での様々な情報を、思うがままにつぶやいています。🍷


ベジタリアン料理のレシピはこちらから💁 http://vegetarian-kitchen.blog.jp/

母娘で楽しいひと時💕

おはようございます。


昨日はベニスのAbbot Kinney
アボットキニー街を歩きました。


車で通過するのではなく
歩いたのです、久しぶりに。


足に豆が2つできても歩き続ける程
素敵なショップ、レストランが一杯❣️


街路に沿ってウインドーショッピング
こんなの我が家の近くでは考えられないっ`


街路に沿って…


いや、ショップがそんなに並んでない
良いのやら悪いのやら⁉️


この辺は、郊外にある住宅街で
自然の色と雰囲気を保つ街の条例が
あるのでしょうねっ


それなりの地味な色を使った店や
レストランばっかりで👎


LAでは、カラフルな建物、デザインを
見てるだけで楽しめる街です🌈


この家の壁のディテールと壁の色と
そしてグリーンのドアが最高👊


歩いてる人を見るのも楽しいですね!

色々な人がいて、様々なファッションで
活気のある街で、やっぱりLAは好きだなっ❣️


Ninjagoという映画の撮影?中でした。


こういう撮影風景もこの辺では
しょっ中行き当たります。


可愛い小物品が一杯なユニークなお店


足が、自然にこの店へ進みました

可愛いでしょっ❣️


私はというと、カクタスガーデンを
夢中で見ておりましたが…

ここでカクタスデザインをして
栽培してるそうです。



LF ストア


ちょっと凄い!


この山になった洋服から
どうやって好きな物を見つけ出す??


不思議の一言!



街並みに、こんな住家っぽい建物も
残ってるんです。

昔のこの通りには、こういう古家が
たくさんあったんですけどねっ。



そもそも1970年代初め頃のベニスは
ビーチバンガローをレントするアーティスト
ヒッピーらが住んでいたという街。


私の住んでた80−90年代のアボットキニー街は
ちょっと錆びてしまった通りでしたね。


今ではあの狭い敷地の小さな家が
オシャレな建物に変わったり
億単位$$$$の価値に上がってます。


結局、住家っぽいのは買い取られて
全部ショップとなってるみたいですね。


ビーチシティー


かつトレンディーな店、レストランが一杯で
ベニスにまた活気が戻って嬉しい!


見てください、この壁の色とアートと
自転車と枯れた植物🌾


なんとも言えない色調が最高❣️


これもお見事な色彩とデザインで
お客さんがいっぱい入ってるかと思えば…


そうでもなかったっ`



ランチには、The Bucher's Daughterという
ベジタリアンレストランへ👍

プラントベースのレストラン、カフェ
ジュースバーで人気があり、長い列です。


雰囲気がとっても良い感じの内部で
料理も美味しく感じますよね〜


ベニスに2軒あって、もう一軒は
ベニスのカナルにあるって知ならなかった〜


今は、これだけのショップが出てますので
こちらへ来た時は、試す価値あり💕



私達はというと、通り側のパティオに座り
ピザとスパイシーケールサラダを〜

女性なら、2人でシェアして十分な量


うん、うん、これ美味しかったです!


でもこの容器の縁に注目すると
凄いことが…


中にこのサラダが入ってなかったら
多分、処分される容器と早変わり❗️


こんな良い雰囲気のレストランだから
錆びた容器でも生える


そんな心理を使った側が立派というか
カッコいいと見る客の心理が面白い‼️



何をみても素敵な、見事に調和した
インテリアと色調に最高のリラックス感❣️


そろそろ帰路へと、駐車した場所へ
向かいます。


車に乗り込むやいなや、サンダルを脱ぎ捨て
裸足運転で自宅へ運転開始です、豆が痛くって〜


娘との楽しいアボットキニーでの1日でした💕