それいけ、アラカン💜 

😂思えば遠くへ来たもんだ〜 とつぶやくアラカン。
母の死をきっかけに、ますます心のつぶやきが多くなったこの頃、
悲しみ、憤り、喜び、そして アメリカ生活での様々な情報を、思うがままにつぶやいています。🍷


ベジタリアン料理のレシピはこちらから💁 http://vegetarian-kitchen.blog.jp/

いつもとは違う里帰り

あっという間に夕方になった感じです


どんよりした曇り空の1日で
私は何をしてたのか〜?


気がつくともう4時でしたっ`


急いでジムで走ってこようと思って
ガレージに向かいますが…


今からランニングはどうも気が向かない
時間的に中途半端で?


何に対して中途半端なのかわからないけど
急に気が変わってしまいました``


要するに、ランニングは明日にして
今は、ゆっくりとこれを書いています。



今年の里帰りの日が、だんだん近づいてくる💕


スーツケースをガレージから取り出し
何を持って行こうかと考えてます。


どこに行くにも、最低限の荷物で
軽めに旅をするんですが。

里帰りというと、殆どが家で
家族と一緒に食事をしたり、会話したり
テレビを観たり…


便利なのは、洗濯ができること。


だから衣類は、さほど持って行く必要なく
小型スーツケースでも良さそうです。



気温は今、どのくらいだろかと調べたり
この1−2ヶ月の寒さをチェックしたり


私の荷造りは、まず気温のチェックから
始まるって感じでしょうか。


iPadにするか、ノートパソコンにするか


走る時用にiPodも持って行こうか
辞めようか


これらのガジェットの電源チャージは
どれを持って行こうか…


最近は、たくさんの選択肢があるので
時間もかかるわけですね`



CA職をやってる時は、スーツケースは
常に見えるところに置いていました


特に、違う国へのフライトが3−4日後に
入っている時など〜


実際、スーツケースをしまっておくという
必要性がないのです。


スーツケース内の長袖衣類を片付けたと思ったら


違うサイズのスーツケースを取り出し
今度は、半袖衣類を詰め込む。


北半球、南半球へとフライトが変わる度に
衣類も変わってくる。


今思うと、あの頃の私のクローゼットの中は
夏冬物衣類が両方かかってましたね`


そういう感じで、あの当時は
荷造りなんかあっという間に済ませた


慣れたものでしたよ!



日本では、いつもの楽しい事が待っています。


あそこに寝て、あれ食べて、あそこへ買い物。


あそこのラーメン屋で
大好きな大盛りラーメン食べて


いつも行くあのすし屋で寿司の食べ放題


そして、少なくても1度は温泉に行く



日本行きを考えると
ワクワクします


…が、今回、大きな違いがあるのが
辛いところです。


里へ帰っても、もう母に会えない


お互い見つめながら、元気そうでよかったと
話す事ができない


私のベジタリアン料理を食べてもらえない


母の手作り料理がもう食べられない…


この大きな違いは、ただ物ではないって感じ(^.^)


違いというか、現実というか、自然の流れというか⁈


母が逝き1年経とうとする今でも
不思議な気持ちになること、しばしばです。


心に大きな隙間を感じます😔



でも、でも… 旅行となると
やっぱり心は弾むものですね ♪( ´▽`)


父親、兄弟、従姉妹らにも会えるし
友達と会えるとなると、また嬉しいです!



さ、今から夕食作りをしないと〜


今日はメキシカン料理のブリトーを
作ろうかと思っています。



では、良い日をお過ごしください‼️