それいけ、アラカン💗

近年、熟年核家族 (エンプティー ネスター)となったアメリカ在住33年、ベジタリアン35年の主婦のつぶやき

思えば遠くへ来たもんだ…😂 母の死をきっかけに、悲しみ、憤り、そして喜びを呟くことが多くなったのが、このブログを始めるきっかけとなりました。アメリカ生活、我が家のベジタリアン料理、家族の事など、色々とつぶやいています🍷🍓🥑

霧の街、サンフランシスコより

おはようございます


今朝もサンフランシスコで
朝を迎えています


ここでは娘のベッドを占領し
娘はリビングのソファーで寝ました


地下には、ゲスト用の部屋があるのですが
ソファーだけしかなくって…😧


アメリカでは、ベースメントを部屋として
使ってる家は稀ではないんです


エンターテイメントルーム、ゲストルームなど


でもSoCalでは、地下に部屋がある家は
ないと思います⁈



さて娘ですが、新しいルームメイト2人と
SFを遠くに眺められる絶好の場所に住んでます


サンフランシスコ郊外というのでしょうか?


SoCalに多い新宅住宅地という雰囲気はなく
古くから立ち並ぶ家々でユニークさを感じます❣️


これは裏庭ですが
キッチンの横ドアから出た風景



ということは、玄関のある通りからは
グンと地形が下がってるということ。


家は大きくはないけど
家族が十分に住める広さです


どこを見ても、自然の草木が茂り
さすがNorCalは森林地帯ですね❗️


キッチンドアから裏庭へ出ると
木々で囲まれたバルコニーがあります


そう、これは2階の高さです!


霧の街で有名なサンフランシスコ🏙


前方には、SFのビルの摩天楼が見えるはず
でも朝は霧がかかって見えないっ`


これ、1930年代のデザインでしょうかね?
どの部屋もそうですが、天井の作りが個性的です。


床は、どの部屋も純木製


歩くと、ギシっとひしめく古い家ならではの音が
年代を感じさせてくれます!


こじんまりとキッチンです


窓が多い家で、自然光が燦々に注ぎ込むせいか
良いバイブを感じる家です👍



ということで、延々にこのSFでの話が続きそう〜


でも、そろそろSoCalの我が家へ向けて
帰る準備をしないといけない…


娘とオリーブに、さよならするのは悲しいけど😥