それいけ、アラカン💜 

近年、熟年核家族 (エンプティー ネスター)となったアメリカ在住33年、ベジタリアン35年の主婦のつぶやき

思えば遠くへ来たもんだ…😂 母の死をきっかけに、悲しみ、憤り、そして喜びを呟くことが多くなったのが、このブログを始めるきっかけとなりました。アメリカ生活、我が家のベジタリアン料理、家族の事など、色々とつぶやいています🍷🍓🥑

リフォーム順調に進んでます

おはようございます〜


今日はやっと、やっとのことで
リビングルームの手直しが始まりました


去年の10月に見積もりを出してもらい
すぐにお願いしてたのが、こちらの都合で延長`


そして今年に入ってお願いしたら
今の今ままで待たされました


とても忙しく繁盛してるハンディーマンみたいです


Handymanとは、簡単な修繕をする業者のことです


最近は、ハンディーマンでも、キッチンや
バスルームのリフォームまでする人がいます


どこが違うかと言えば、コントラクターの免許を
保持するか、しないかだけのことで


技術的には、個人によりけりだと思います。


頼んだ方は、業者の経験と知識と要領の良さを
見ますよね、免許保持じゃなくって`


それと値段❗️



今まではコントラクターに頼んでました


バスルームのリフォームや
家全部の水道パイプを新型パイプに交換


外灯の設置もやってもらいました


外灯取り付けくらいの仕事は
コントラクターはやりたがらないです


でもフレンドですので、仕方なくって感じで
やってもらいました…


でも後悔してます


ハンディーマンが請求してきた額と
コントラクターの請求額が大違い‼️


ちなみに、コントラクターが
家周りの外灯6個を取り付けた後


その場で、300ドル(3万円)の請求がきました(◎_◎;)


旦那でもできることなのに、あまりに高すぎる❗️


しかも、お願いしていた見積もりは
くれなかったっ``


結局、今後もお世話になるであろうと
そう思ってシブシブ支払ったんですが`


彼曰く、「フレンド ディスカウント〜」


ですって?!


ディスカウントどころじゃない、高すぎる❗️😡


このハンディーマンは、同じ条件で
60ドル(6千円)と見積もり出してくれてたのに❗️😳



ということで、私の中では
あのコントラクターは、もう絶対頼まない`



ということで、今ミラーの取り外しが終わり
壁のペンキ塗りをしてもらってます


着々とリフォームは進行中👍




私はというと、キッチンで
シナモンロールを作ってるところ❣️🥣


間に合えば、彼らにも食べてもらいましょっ




家中、床は画用紙のような敷物で
しっかり覆われています


プラスチックカバーは見たことあるけど
画用紙級のカバーは初めて


しかも綺麗な珊瑚色です


色なんてどうでも良い事ですが(笑)




外へ出てみると、正面ドアだけでなく
門が完全に開けっ放しにされている😧


ということは、道路側から家の中は丸見え??


業者さんは、開けっ放しの方が
出入りしやすいのでしょうが


ちょっと不安だな…


ちょこちょこ門を覗き出る私




このミラー取り除き作業の他にも
プロジェクトはあります


暖炉の上にテレビを設置して
リビングルームをもっと使おうと思って〜


それには、まず電気工事が必要


今までは、暖炉で木を燃やしていたけど
手入れが大変なので、ガスバーナー式に変更です。


そして、暖炉の壁のレンガを
ホワイトウォッシュした色に塗ります

この画像は、我が家の暖炉ではないですが
こういう感じの白っぽい暖炉に塗り替えます


こんな感じで、暖炉の上にテレビを設置



我が家には、ファミリールームといって
キッチン続きの部屋があるんです


料理してる時も、TVを観る子供らが
ソファーに座ってるのが見える


食事が済むと、ファミリールームで団欒💕


子供らが小さい時は、全員がソファーに座っても
十分に余裕があったけれど


子供が大きくなるにつれ、座る場所が狭くなり
「寝っころんでテレビ観ないで!」


文句が飛び交うこともしばしば``


現在は、旦那と2人でちょうど良い空間ですが
子供らが帰省した時、また窮屈になるんです



今後、家族がもっと増えていくだろうし〜


だったら、広いリビングルームをもっと使うために
テレビをつけよう❣️


というわけで、この工事に入っています。




テレビ…


寝室にも大型テレビあるんです
オフィスにもあります…


そして、またリビングルーム用に
テレビを買わなきゃいけない⁉︎😕


一家に4台のテレビがあるなんて
ちょと馬鹿げてる感じもします```


昔は、テレビ反対の私だったのに
ずいぶん変わりました。