それいけ、アラカン💜 

近年、熟年核家族 (エンプティー ネスター)となったアメリカ在住33年、ベジタリアン35年の主婦のつぶやき

思えば遠くへ来たもんだ…😂 母の死をきっかけに、悲しみ、憤り、そして喜びを呟くことが多くなったのがこのブログを始めた理由。アメリカ生活、我が家のベジタリアン料理、家族の事など色々つぶやいています🍷🍓🥑

ホリスティックな歯科医院にて

今朝、歯の検診と歯のクリーニングに
行ってきました。


本当なら、6ヶ月おきにクリーニングは
するべきなんですが、1年ぶりです。


ここの歯科医は、去年見つけました


ホリスティックなアプローチをするという
アメリカでも数少ない歯科医です

毒素を最小限に抑えて、ナチュラルに
患者の治療に当たることを宣言しています


アマルガム(銀の詰め物)は毒ですね


それを除去する際など、特別な方法で
しかも安全に取り除くことをしてるそうです


患者に対しても、医者にも
そして環境にも危害を与えない方法で!


ここまで考えている歯科医って
あまり聞いたことないです


プロ中のプロだわ!


余談ですが、以前働いていた会社の上司も
ここでアマルガムの詰め物を除去したと言ってました。



クリニック内の電気は、全てLEDライトを使用


消毒液、マウスクリーニング、石鹸
そしてクリニックの掃除用洗剤までもが
ナチュラル原料を使った物


コーヒーもBPAフリーで、カップもbio-degradable
生分解性の紙コップですってっ👌

待ち時間が少々あったので
コーヒーを勧められましたが


歯のクリーニング前ですし〜



歯のイメージ撮影は3Dデジタル


デジタルだと、普通のレントゲン撮影よりも
もっと少量の放射値ということで安心!


結構、気にする方です


治療、手術では、最先端のレーザー光線を
使用とのこと


メスを入れるのではなくって``


21世紀のテクノロジーを有効に
また責任もって活用してる歯科医


以前は、クリーニングの際に、痛っ!を
感じることがあったんですが


今日はそれが全く無し!


実際、歯茎に当たる感触さえもなく
緊張さもあまりなかったです❣️


使ってる器具が違うのでしょうね
患者にとっては嬉しいです。



3週間後に、ディープクリーニングを
やってもらうことにしました。


その時は、レーザーカットして😳
奥までしっかりとクリーンングしてもらいます。


そう、、、歯茎も年齢とともに弱まるので
予防対策は必ずしておきましょう❗️


歯科医曰く、レーザーカットなので
メスでカットと違い、どうのこうの〜〜


と言ってましたが、全く???


実は、レーザーカットと聞くや否や
頭の中でそのイメージが浮かび
ドクターの話はよく聞いてなかった`



虫歯は無し!
歯茎も今のところ大丈夫


でもフロスを毎日するようにと言われました


1日置きにはしてるのですがねっ?


歯のフロスって、とても大事なことと
子供の頃から言われるアメリカ


私も子供らに毎晩のように
フロスをするよう言ってましたよ。



アメリカでは、歯からくる印象は
とても大事ですからね。


歯は、その人の成功を決めかねる
そのくらい重視されてるとこあります。


口元は、目の次にフォーカルポイントとなる箇所


直接、口は見ないとしても、歯の白さや歯並びは
自然と目の中に入りますよね



最近、歯の矯正をする子供達は
ますます増えていると思います。


親は子供の為と思い
安くない費用を惜しみなく払う


最近はワイアーでなく、インビザラインという
透明の矯正をつけるのが流行ってますが


値段はワイヤーよりかなり高め
最近の子供ら、もしかしてインビザライン?



我が家の子供らも歯の矯正をして
まっ直線の歯並びをしています。


息子なんて、2回も矯正しましたよ
小学5年と高校1年生の時に


お金も結構、かかりましたっ❗️



外見だけのビューティーも大切ですが
健康にも繋がってる事実は
あまり知られてないかも。


虫歯を放置しておくと重病へ繋がる
そんな可能性もあるということ


かかりつけになった私の歯科医は
癌スクリーニングをもしてくれます。



”健康は歯から”と提唱している歯科医
アメリカでは珍しいデンティスト


まさにホリスティックアプローチで
ますます気に入りました


歯のクリーニングに行っても、痛っ!がなく
これなら6ヶ月毎に行っても良いかも❣️