それいけ、アラカン💗

近年、熟年核家族 (エンプティー ネスター)となったアメリカ在住33年、ベジタリアン35年の主婦のつぶやき

思えば遠くへ来たもんだ…😂 母の死をきっかけに、悲しみ、憤り、そして喜びを呟くことが多くなったのが、このブログを始めるきっかけとなりました。アメリカ生活、我が家のベジタリアン料理、家族の事など、色々とつぶやいています🍷🍓🥑

寄ってみたいアニマルシェルター in LA

犬孫のオリーブですが
相変わらず娘の後追いが多いですね


でも、私がキッチンに立つと
私の後を付いて回るのです💕


まだまだ赤ちゃん犬で、好奇心が旺盛💦


初めて見るもの、出会うものには
目を見張ってじっと観察します


私に付いてくる理由は
食べ物をくれると思ってるから`


小さくちぎって、「おすわり」させて
私の手から食べさせるの楽しいな!


オリーブは、シャキッと歯ごたえのあるキャベツや
ニンジン、プチトマトが好きみたいです🍅


野菜は良いからって、どんどん与えてると
娘から注意される時もあります


今までパクパク食べてた
ドッグフードを食べなくなったって…


えっ?😳


オリーブの好きな野菜を
ちょくちょくあげていたのが原因?


野菜の美味しさを覚えたのかな?🥕


悪い癖がついたかなと
ドッグフードを食べた後にだけ
ご褒美で野菜をあげてます!!


9ヶ月になるオリーブ、ベジタリアン家庭にいるのに
肉は食べています。



昨晩、娘が出かける時に頼まれました


「オリーブの夕ご飯に、冷凍庫にある
あのパッケージのをあげといてね〜」


と頼まれたので、袋を取り出し
お皿に入れました…


袋には、ラムチョップと書いてある!!!🐏😬


匂いが生臭いというか、キツイ匂いで
15個ほど出して、すぐに密閉をして冷凍庫へ!!!


気分が悪くなりそうで
もうその袋、扱いたくないな```


冷凍庫に入れてること自体も
すごく嫌なんですがね〜


オリーブといえば、私の気も知らず
ただガツガツ食べるだけ…




さて、娘が時々ボランティアをしている
NKLA Pet Adapthion Center


プライベートで賄われ、LA にある
動物アダプションセンターです。


つまり、そこにいる犬猫達はアダプトされるまで
安心して過ごせるということです。


そのNKとは、No Killの意味で
郡や市の経営する動物シェルターと違い
貰い手がなくても 麻酔死は実行しない


引き取られるまで、面倒をみるということ


素敵な色調の室内ですよね


訪れる人達も多いみたいです


アダプトが決まった場合は、25ドル
2,500円を支払うのみ


予防接種、健康診断も含まれています。



我が孫犬のオリーブは、SF地方出身ですが
NorCalの市のシェルターで1週間だけ過ごし
すぐ娘にもらわれました。


ラッキーな犬!


3−4ヶ月の捨て犬で連れてこられたけど
この犬に目をつけてるかなりいたでしょうね〜


ラッキーな娘!


とても賢く、いたずらは全くしないし
躾をするとすぐ覚えるし、文句なしのワンコ❣️

この写真ではわからないけど、ちょっと
いえ、かなり受け口なんです


まっ、それもユニークで可愛いっか💕


外見じゃないよ、動物だって
気性というか、内面が大事よ!