それいけ、アラカン💜 

😂思えば遠くへ来たもんだ〜 とつぶやくアラカン。
母の死をきっかけに、ますます心のつぶやきが多くなったこの頃、
悲しみ、憤り、喜び、そして アメリカ生活での様々な情報を、思うがままにつぶやいています。🍷


ベジタリアン料理のレシピはこちらから💁 http://vegetarian-kitchen.blog.jp/

フライト経験から✈️

おはようございます〜


ちょいと暑さが落ち着いたこの頃です


日本は真夏の真っ只中ですね
熱中症に気をつけて下さい〜


日本のあの蒸し暑い夏は
しばらく経験していません。


上の子が生後6ヶ月の頃から
毎年日本に行ってましたが
なぜか必ず夏でした〜


赤ちゃんの時に、なぜ夏休み?
未だにその理由がわからない¿


日本の子供達、そろそろ夏休みですね❣️


✈️ 🚅




子供らが小さな頃は
里帰りで4週間ほど滞在


そしてしっかりと日本の文化や
日本の家族との交流を楽しんだものです。


子供達は、毎年夏休みが来ると
必ず日本のお爺ちゃんお婆ちゃんの家へ


お決まりの夏のコースって感じで
夏が待ち遠しい子供達⛱


でもパパはお留守番`👨🏻〜


パパも含めての旅行は
一週間のサンクスギビングの休日


それと二週間ちょっとの冬休みと春休み




子供らは待ちに待った日本行きが来ると
もう半分興奮状態😻


そして成田空港に降り立った時…


感激と、嬉しさと、興味心で一杯の子供らです。


子供らのあの楽しさ一杯の顔が
思い浮かんできます。



子供達は、どんなに暑くても苦にせず
どんどん私の先を歩き、普段より行動的になり
全てに対して好奇心が増す



「僕らは日本人なんだよ!」


「日本語も話せるんだよ!」


言葉には出しませんでしたが…



それを認めてもらいたい
日本の社会に溶け込みたい


アメリカ生まれのアメリカ育ち
ハーフで顔つきがちょっと違う


でもママのように日本語も話せて
日本食も食べれて
日本に家族も居る


でも、どこか違う…


そんな不思議な思いもあったでしょう




あの頃の子供の日本語力はベラベラ❗️


お婆ちゃんお爺ちゃんらと毎日を生活し
お出かけも一緒


買い物に毎日ついて行き


おばあちゃんの料理を食べ


日本のテレビも観て


みんなでゲームをしたり


もう楽しくって仕方ないという
幸せ一杯の表情を見せた姿が
急に頭に蘇ってきました。



懐かしいです❣️



上の子は、生後6ヶ月で初めての海外旅行


次女は1歳半の時



それ以来、毎夏子供らと一緒に
日本へ里帰りをしていました。


私一人で、小さな子供らを抱えて
10数時間もかかる飛行機の旅なんて
今考えると、タフだったな〜


まだ若かったですしね``



あの頃は、スーツケースに詰める物に
かなり気を使いました


2−3日考えながら詰め込んだり〜


それと機内持ち込み用のバックは
特にスマートに考えましたよっ🎈



子供がお腹空いた時は… コレ!


子供のオシメの取り換え時は…コレ!


子供が退屈した時は… アレ!


特に急に泣き出した時とか
親としては焦っちやいますよね〜


そういう時、親が焦ると
子供も焦ってもっと泣き出す



自慢じゃないですが、ウチの子供ら
赤ん坊時、機内では大泣きしたこと
ゼロ、0、ZERO、無❗️




CA職をしてる頃、機内でよく見かけたこと:


着陸時に高度を下げる時、耳の空気が
抜けなく泣き出す小さなお子さん



私の場合、そういう時は母乳を
必死で飲ませました😉


子供がお腹空いてなくても
胸を半分隠しながら必死で(笑)


もちろん子供が赤ん坊の頃の話です。



☝️元スチュワーデスとしてのアドバイス
(最近はスチュワーデスと言わない?)


*着陸前の高度低下の際には、飲み物か
飴玉を口にして飲み込む動作をさせる。


このゴックリという動作が
高度変化に追いつかない耳管への
圧迫感を和らげてくれます


ポコポコっと耳が鳴れば圧迫感が減り
徐々に正常に戻ります


赤ん坊の場合は、ミルクかジュースを少しづつ
哺乳瓶で飲ませると良いですね。


吸うということで耳の圧迫感を減少


特に風邪をひいて鼻が詰まってる子供さんには
着陸サインがついたら降下開始ですので
試してみて下さい。


自分も子供らにもそうやってきたし
私自身も今だに実行してます。


高度を下げだした時に、すぐにガムか
飴玉をくわえておきます


唾を飲み込む度に、耳の中でボワーッと
音を立てて抜けます。


特に鼻が詰まってる時は
前もっての準備をお勧めです。



*子供が赤ん坊の時、座席に一人置いて
席を離れるのが心配な時


トイレに行く時とか…


そういう時、遠慮せずにどんどんCAに
お願いして赤ちゃんをちょっと見てもらうと
良いですよ!



*小さな子供が寝てる時
頭を通路側にして寝かせないように


夜間飛行に入ると電気を消し暗くなる


すると通路へ飛び出してる物が
よく見えない時があるんです。


時たまカートが足にぶつかったり
肩にぶつかったり…


これが子供の頭だったら大変な事に❗️



頭体は全部、座席内に収めておきましょう〜



この座席なら大丈夫そう〜👍


でも$$$が…




私が飛んでた頃は、ジャンボ747の最盛期でした!


席は3−5ー3というB747型で
エコノミークラスの席はけっこう狭っかたですね。


最近の機種は、昔に比べて
椅子の幅が広くなりました。




子供らが2−3歳の頃は、必ずといっていいほど
隣が空席のシートにアサインされ感謝に感謝❣️


でもパパが一緒だと、通常、それは無理かも〜


一応、子連れの母親だけの場合は
配慮があると思います。


でも完全満席の場合は無理!




上の子が6ヶ月の赤ん坊の時は、完全満席で


ベビーバシネットがある座席をリクエストしても
うちの子、重量オーバーで使用できませんでした。


結局、通路側の座席で、ずっと抱っこしたまま
十何時間のフライトを頑張りました💪🏻


両親へ初めて孫を披露する
我が息子の初フライト〜


何がなんでも頑張ったその時のママパワーを
思い出しました。



では、本日も良い日となりますように〜